トップページ

名古屋大学大学院 工学研究科 物質プロセス工学専攻
材料複合工学研究グループ 小橋・高田研究室

現代社会が抱える地球環境問題等の解決には科学と工学の発展が不可欠です。中でも材料工学の果たす役割は大きく、高機能材料や超軽量材料の開発が急務です。材料複合工学研究グループではミクロレベル・マクロレベルでの複合化・マルチマテリアル化を通じて材料の性能を究極的に引き出すための形態設計・プロセス開発・応用展開に取り組んでいます。これにより、構造材料分野、熱マネジメント分野における新しい材料開発を目指します。


研究分野
・金属/セラミックス複合材料の反応合成プロセスと第二相形態制御
・無機ポーラス材料(多孔質材料)の製造プロセスと気孔形態制御
・樹脂(含むCFRP)/金属接合界面の最適アンカー形態デザイン
・金属との複合化による潜熱蓄熱材料の高熱伝導率化
・3次元粉末積層造形(3Dプリンター)の材料特性評価
・構造用アルミニウム合金の組織制御による高強度化・高機能化
・表面処理された鉄鋼材料(亜鉛めっき鋼板)におけるめっき/鋼界面の組織制御
・マイクロピラー圧縮試験を用いた金属材料の局所力学特性と金属間化合物相の塑性変形能の評価

 


新着情報

2017.08.31 お知らせ(学会発表)を更新しました。

2017.08.25 活動報告 JUASEP交換留学生の送別会をしました.

2017.08.15 当研究室の研究論文が Materials Sceince and Engineering Aに掲載されました.
"Change in microstructure of selectively laser melted AlSi10Mg alloy with heat treatments" Naoki Takata, Hirohisa Kodaira, Keito Sekizawa, Asuka Suzuki, Makoto Kobashi

2017.07.26 活動報告 前期お疲れ会をしました.

2017.07.01 当研究室の研究論文が 粉体及び粉末冶金 に掲載されました.

"燃焼合成反応を利用したFe/TiB2複合材料の合成とポーラス化", 伊藤 峻, 髙田 尚記, 小橋 眞

2017.06.20 Zhiwei LIUさん,Yizhen ZHANGさんの2名がJUASEP交換留学生としてメンバーに加わりました.

2017.05.20 M1 竹安崇一郎君が,軽金属学会第132回春期大会 優秀ポスター発表賞 を受賞しました.

2017.05.07 当研究室の論文が Materials Sceince and Engineering A に掲載されました.

"Compressive properties of porous Ti–Al alloys fabricated by reaction synthesis using a space holder powder", Naoki Takata, Keisuke Uematsu, Makoto Kobashi

2017.04.28 活動報告 4月からの新メンバーの新歓をしました.

2017.04.10 メンバーを更新しました.

2017.04.05 本年度前期の講義資料(学部)お知らせ(学会発表)を更新しました.

2017.04.04 トップページ,メンバーを更新しました.

2017.04.01 鈴木飛鳥助教が着任しました.

2017.04.01 工学部・工学研究科の組織改編に伴い,物質プロセス工学専攻の所属となりました.

2017.03.27 活動報告 研究室の追いコンがありました.

2017.03.27 B4竹安崇一郎君,B4岡野大幹君が卒業研究発表会において優秀発表賞を受賞しました.

2017.03.27 M2伊藤峻君が修士論文審査発表会において優秀発表賞を受賞しました.

2017.03.14 お知らせ(学会発表)を更新しました.

2017.03.01 本研究室の論文がMRS advancesに掲載されました.

2017.01.19 材料力学 演習回答(高田担当)を追加しました.

2016.12.30 研究室の忘年会がありました.

2016.11.15 M1金昇光君が日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部 第26回学生による材料フォーラム最優秀賞を受賞しました.

2016.11.11 M2伊藤峻君,M2車谷謙太君が粉末粉体冶金協会 平成28年度秋季大会 優秀講演発表賞を受賞しました.

2016.10.28 材料力学 補足資料を追加しました.

2016.10.14 トップページ,メンバーを更新しました.

2016.09.24 講座旅行がありました。

2016.09.13 お知らせ(学会発表)を更新しました。